エモーションフリー流フォーカシング

日常起こっている様々な問題

日常起こっている様々な問題があると思います。

 

その多くは、人間関係であったり、経済的な問題、仕事の問題、健康への問題などです。

 

そして、それらをどう感じているかという部分が、問題を大きく取り上げるかどうかの分かれ道です。

 

感情がどちらに振られるかによって、生きやすくもなるし、生きにくくもなります。

 

感情を知ることで、どうしたらいいかがわかる。

自分でもどうしたらいいかわからないことはよくあります。

 

でも、最終的に自分の問題は自分で解決することになります。

 

誰かが解決してくれれば楽なのですが、毎回頼めるという恵まれた方はあまりいません。

 

そうすると、簡単なプロセスで解決していく手法があると助かります。

 

フォーカシングは対話を通して、自分を理解していくことができます。

 

身体に起こる反応に注目して、その部分と話すことで、苦しさが抜けていく場合も多々あります。

 

最大の利点とは

セラピーを学ぶ最大の利点は、自分に対していつでも使えると言うことです。

 

道具を使うセラピーでは、いつでもとは言いにくいですし、催眠などの特殊な状況を要求する手法も一人では難しいです。

 

そこへいくと、フォーカシングは、自分の中の感覚にフォーカスし、その部分との対話によって解決を促していきます。

 

その解決は決して、思考だけではなく、型に当てはめるわけでもなく、その部分が望んでいることを尊重します。

 

そうすることで、身体の中で自分に反対する勢力を味方につけ、分離していた自分を統合していきます。

習慣化させるとどこでも自分を見つめるようになる。

自分の中の反対勢力を味方につけられる人は、矛盾が激減して楽になっていきます。

 

頭で考える、常識で考えることを実行しようとしますが、必ずしも、自分の心、身体がそれに賛成するとは限りません。

 

なぜ、やりたくないのか、反対なのかに耳を傾け、一緒に解決策を探っていきます。

 

そうすることで、自己理解を高め、間違った認識を改めていく連続です。

 

だから、人はより楽になっていけます。

 

もちろん、見えていない自分もあるでしょう。見えるようになってきたら対話すればいいです。

 

日々成長、日々気づきです。

 

そして、そのきっかけはあなた自身が持っています。

さぁ対話を始めよう。

難しいことはありません。フォーカシングは誰でもできるように手順がまとめられたセラピーです。

 

もちろん、経験値があれば発想の豊かさにつながって、よいセッションをすることができますが、誰でも最初は初心者です。

 

まず、手法を学び、日常の中で使っていきます。

 

そうすることで、日々、気づくことがあります。

 

また、周りの人にしてあげることで、さらなる気づきがあります。

 

言葉だけで、人は変わっていきます。

エモーションフリー流とは?

エモーションフリー流フォーカシングは、ちょっと独特です。

 

普通のフォーカシングをベースにしていますが、解決を重視しています。

 

そのために、通常は行わない方法をいくつも取り入れています。

 

そういう意味では亜種かもしれません。

 

正統派のフォーカシングを学びたい人はそちらに行けばいいでしょう。

 

解決をして楽になりたい人は、ぜひ、エモーションフリー流フォーカシングを学んでみてください。

講座は?

講座はエモーションフリーのホームページでご紹介しています。

 

開催時期はホームページで確認してみてください。

 

エモーションフリーのホームページ