エモーションフリー流フォーカシングの特徴

五感を意識したフォーカシング

フォーカシング自体は、身体の感覚を利用した対話方法です。

 

エモーションフリー流では、それを更に広げて五感の入出力を変化させておくことで、より多くの情報を取り扱えるようにします。

 

私自身がNLPのトレーナーなので、主にNLP的なテクニックを使用します。

フィードバックシステムを明確に定義

感じることをフォーカシングでは使いますが、エモーションフリー流では別のフィードバックシステムを利用します。

 

フォーカッサーの体験に追従

フォーカサーの体験は、フォーカサーだけのモノですが、本当にそうでしょうか?

 

フォーカサーの体験に追従できると、リスナーの態度が変わります、ガイドの提案が変わります。

解放を優先する

フォーカシングを完璧に完了させるよりも、気持ちが楽になるとか、自分を認めるとか、結果を重視します。

 

結果とは、解決です。解決とは、囚われからの解放です。

 

フォーカシングでは理解する事で多くの解放が行われます。

結果を出す

フェルトセンスを受け入れられなくて何年もフォーカシングしているという人に会ったことがあります。

 

何かが違うと思いました。

 

人が行動するとき、明確な方向性があり、求める結果があります。

 

フォーカシングをして、自分を理解しようとするフリをすることは結果ではありません。

 

求める結果は、今、楽になることではないでしょうか?

 

そのために、フォーカシングを拡張しています。

 

学術的なフォーカシングを行うことよりも、目の前の苦しみを手放すことにフォーカスしています。

 

難しいやり方よりも簡単なやり方を

高度に研究されると、どうしても難しくなっていきます。

 

また、認定制度が始まるとクォリティー重視で素人には中々手が出せなくなります。

 

それでは、裾野は広がりません。

 

フォーカシングは、誰でも意識を向ければ、そこにある感覚と話すだけです。

 

エモーションフリー流では、誰でもできるように、簡単な言葉や手順の中に、高度な技術を埋め込んで、意識することなく、効果的なセラピーに仕上げています。

 

本流から離れることは仕方のないこと。

 

難しい理屈よりも、日常、家庭の中で使えるセラピーです。

心理の知識がなくても遊ぶように

心理学の知識は必要ありません。

 

最低限、そして、実際に体験している、見聞きしている考え方だけで、問題の深いところが触れるようになります。

 

問題が起る理由は大体分かっています。

 

そして、理由がなかろうが、感じているなら解放できます。

 

フェルトセンスに触ることさえできれば、理解や体験によって、変化は現れます。

 

手軽なセラピーを自分の手に

ただ、少しの時間を取って自分を理解する習慣

 

ただ、これだけで自分望みが分かり、感情が分かり、どうしたいのかが分かります

 

それをどうやって実現するのか、そこに集中できます

 

悩まなくても、聞けば分かる。そう言う世界です。

 

でも、手順を知らない人は、分かることがやりにくいです。

 

一生使える技術を1日で。

簡単で確実なことは良いことだと考えています。

 

だから、一生使える技術を1日で習得していただきます。

 

フォーカシングの簡単なやり方は、比較的ベーシックなモノです。

 

エモーションフリー流フォーカシングの具体的方法はこちら!!